バカラ必勝法ってどんなの?オンカジで一気に稼いじゃおう

バカラ必勝法|バカラで負けた時に使う攻略法 マーチンゲール法 マーチンゲール法はゲームに勝つまでひたすら賭け金を2倍にして賭けていくという戦略となります。 この攻略法を使うことで負け続けていた損失額を1度の勝ちで取り戻すことが可能になります。 例えば 1ゲーム目 1ドル賭け 負け 損失-1  2ゲーム目 2ドル賭け 負け 損失-3 3ゲーム目 4ドル賭け 負け 損失-7 4ゲーム目 8ドル賭け 勝ち 利益+1 このように1度の勝利で利益を出すことができる誰でもできる魅力的な必勝法となるのです! ・マーチンゲール法を使う際のポイント! 一度の勝ちで損失額を取り戻せると言っても、負ける度に倍賭けをしていくので、連敗が続くと賭け金が一気に膨れ上がるのです。 基本的に各テーブルには「テーブルリミット」という賭け金の上限が設定されていますので、その上限に達するまで仮に負けてしまうとそれ以上賭けることができないので注意が必要です。 1.遊ぶテーブルリミットを確認しておく 2.テーブルリミットの上限が高いテーブルで遊ぶ 3.連敗の回数を決めておく 4.連敗の確率と現在連敗している回数を見極めてタイミングを見て攻略法を使う こちらを踏まえた上でバカラでマーチンゲール法を試してみてはいがかでしょうか! モンテカルロ法 モンテカルロ法は、数字や数列を使った戦略となります。 毎回ゲームの賭け金は異なり、連敗が続いたとしても賭け金が急激に増えることはないので比較的リスクが低い必勝法となります。 ・モンテカルロ法の賭け方 ①1.2.3の数列をはじめに記入 ②記録の左端と右端の数字を合計した金額を賭ける ③②でゲームに負けた場合、記録した数列の右端に賭けた金額を記録 ④②ゲームで勝った場合、記録した数列の両端を1つずつ消していく(勝率が1/3のゲームであれば2つずつ消していく) ⑤記録した数字全てが無くなるか1つのみとなったときがゲームの辞め時 ・モンテカルロ法のメリット 賭け金の増減が緩やかなので、連敗が続いても大きく負けることはない 数列が無くなったとき、もしくは1つとなったときに利益が確定されるので分かりやすい バカラ必勝法|バカラで勝った時に使う攻略法 パーレー法 パーレー法はマーチンゲール法の逆でゲームに勝つたびに賭け金を2倍にしていくという攻略法となります。 ・パーレー法のポイント パーレー法は連勝が続くと利益がどんどん増えていくという攻略法ですが、逆を言えば1度負けると今まで獲得した利益が全て失われてしまうのです。 この攻略法を使う際の最大のポイントは「連勝時に攻略法をやめること」以外にありません。 しかし、あと一回、あと一回勝って利益を更に増やしたいというのは誰しも考えると思います。 そこを我慢するために何連勝したら攻略法を一度辞めるなど決めておくことをオススメいたします。 グッドマン1235法 グッドマン法とは「1235」の順に賭けていく攻略法となります。 連敗が続いても大きく負けることはなく、途中で負けたとしても利益を残せる攻略法でもあります。 ・グッドマン法のポイント 1ドル2ドル3ドル5ドルの順番に賭けていきますが、ゲームに負けた場合、攻略法を1度リセットします。 例えば3ドル賭けたゲームで負けてしまった場合には次のゲームに5ドル賭けるのではなく、1ドルを賭けるというようになります。 勝ち負けが庚午の場合、深追いせずに1度ゲームを切り上げて攻略法を再スタートさせることがポイントとなります! その他のバカラ必勝法 ハーフストップ法 獲得した利益の半分を賭け金として使用する攻略法となります。 出た利益の半分を賭けに使い、残りは残すという方法ですので、利益が出た時に使ってみてはいかがでしょうか! 10%投資法 10%投資法は、手持ちの資金の10%を賭けていくという攻略法です。 連敗が続いても資金の10%ですので、大きく負けるというリスクがありません。 どのゲームでも使えるのがメリットですが、バカラなどの1/2の勝率でのゲームでも力を発揮してくれる攻略法でもあります。 まとめ バカラ必勝法はご紹介したようにたくさん存在します。…

ルーレット必勝法で稼ぎまくろう!

初心者でも簡単に始められる!そんな必勝法とは!? ココモ法 ココモ法は直近2回のゲームの賭け金の合計額を賭ける必勝法となり、連敗すれば賭け金がどんどん増えていきますが、その分勝った時の利益も大きいのでハイリスク・ハイリターンの攻略法となります。 ・ココモ法のメリット 負ければ負けるほど賭け金が増えていくので勝った時の利益が大きい 賭け金の増え方が緩やか ・ココモ法のデメリット 賭け金がテーブルリミットの上限にぶつかることがあるので辞め時が重要 配当2倍のゲームには不向き 2コラム・2ダズン法 画像のようにチップを置きルーレットを回すことによって当たる確率が86%になる必勝法となります。 ・2コラム・2ダズン法のメリット 当たる確率が86%前後と非常に高いので負けることが少ない 大負けすることがない 少ない資金でも長い時間ルーレットを楽しむことができる ・2コラム・2ダズン法のデメリット 短期的に稼ぐのは難しい 連勝で当たったとしても損失がでることがある 666戦略 666戦略はなんと当たる確率89%と2コラム・2ダズン法よりも当たる確率が高い必勝法となります。 最初に賭けるチップがたくさん必要になりますので、なるべく資金を多く準備できる方にオススメする必勝法となります。 画像のようにチップを置きます。 手順① 赤黒賭けで「赤」に36ユニット賭ける 手順② スプリットベットで黒の数字が並んでいる6ヵ所に4ユニットずつ賭ける 手順③ ストレートアップでチップが置かれていない黒の3ヵ所に2ユニットずつ賭ける こうすることで当たれば6ユニットの利益になるのです。 ・666戦略のメリット 当たる確率が89%もあるため、負けることが非常に少ない 勝てば毎回6ユニットの利益を獲得できる ・666戦略のデメリット 当たる確率は高いが、毎回66ユニットの賭け金を失う 1回でも負けたら損失を取り戻すのに11連勝が必要となる フラワーベット法 フラワーベット法は最大144倍もの配当を受け取ることができる攻略法となります。 まず大本命の数字にチップを1枚置き、そのチップを取り囲むように8枚のチップを置きます。 まさにフラワーのような賭け方で配当も大きく夢のある攻略法の1つでもあるのです! ・フラワーベット法のメリット 中央の数字が当たれば配当144倍が獲得できる 周りに置いたチップでも当たりさえすれば、最低でも9倍からの配当が獲得できる 好きな数字を決めて周りにチップを置くだけなので初心者でもできる ・フラワーベット法のデメリット 勝率が25%前後とそこまで高くない ある程度の資金力が必要 マンシュリアン法 マンシュリアン法はコナーベット(1ヵ所の賭けで4つの数字をカバーできるベット方法)を使用する必勝法となります。 手順① 好きなエリアに1ユニットをコナーベット 手順② 負けたら手順①に加えて、新たなエリアに1ユニットをコナーベット 手順③ 更に負けたら手順①②と新たなエリアに前ゲームの2ユニット数をコナーベット このような手順に従い、賭け金をどんどん増やしていきますが最終的にはコナーベットできるところがなくなると終了となります。 ・マンシュリアン法のメリット ゲームを重ねるごとに勝率が上がる 勝利すれば短期間で稼ぐことができる マンシュリアン法のデメリット 5連敗すると損益がマイナス確定 Wストリート5ベット法…

ブラックジャック必勝法を使い資金を増やそう!

ブラックジャックの数ある必勝法! ブラックジャックの必勝法は時間が無くても簡単に覚えることができますので、勝率を上げたいのであれば数ある必勝法を確認しておくことをオススメいたします! ブラックジャック必勝法①  手持ちカードが12以上、アップカードが6以下はスタンド ディーラーのルールは17以上になるまでヒットし続けなければならないといものがあるので、アップカードが6以下の場合、ディーラーはさらにカードを1枚追加しなければならないということになります。 この時にディーラーが伏せている2枚目のカードが10だった場合、ディーラーの合計値は16となりますが、17以上になるまでヒットしなければなりませんので、次にカードを追加する際にはバーストしてしまう可能性が非常に高くなるのです! ブラックジャック必勝法② アップカードが7以上の時、手持ちカードが17以上になるまでヒット ディーラーのアップカードが7~Aの時は自分の手持ちカードが17以上になるまでヒットするようにしましょう。 ディーラーの2枚目のカードを10と予測した場合、ディーラーの合計値は17となりますので、自分の数値が17以上でなければ勝利することができません。 ブラックジャック必勝法③ 17(Aと6)以下の時はヒット Aを含む17以下の数字の場合はカードを追加したとしてもバーストすることはありません。 Aは1としても11としても数えることができますので、Aを引き寄せれば勝利の大チャンスとなります! ブラックジャック必勝法④ 18(Aと7)以上の時は必ずスタンド Aを含む18以上の時は必ずスタンドするようにしましょう。 しかし、ダブルダウンが可能な場合はそちらを優先してください! ブラックジャック必勝法⑤ AとA、8と8の時は必ずスプリット 最初に配られたカードがA2枚もしくは8が2枚の場合は必ずスプリットし、それ以外は原則スプリットは行いません。 A2枚の場合だとスプリットすることでブラックジャックのハンドを作り上げる可能性が高くなります。 8が2枚の場合もスプリットをせずカードを追加してしまうと合計値16なのでバーストしてしまう可能性が高くなります。 スプリットし、8と8にした場合、互いに10を引いても18となるのでバーストはありえません。 よってAだけでなく、配られた2枚のカードが8だった場合も必ずスプリットをするようにしましょう! ブラックジャック必勝法⑥ 17以上の時は必ずスタンド 自分に配られた最初の2枚のカードの合計値が17以上の場合には必ずスタンドするようにしましょう。 他にも手元にあるカードに新たなカードを追加した場合の合計値が17以上となった場合も同様にスタンドしましょう。 ブラックジャック必勝法⑦ 11以下の時は必ずヒット ブラックジャックで使用するカードの中で1枚のカードで一番数値が高いのがA=11となります。 Aは1にも11にもなることができるカードですので、Aを2枚引いたとしても22でバーストするということはありません。 つまり、11以下の時はどのカードを引いても絶対にバーストしませんので、手元のカードが11以下の場合は必ずヒットしましょう! ブラックジャック必勝法⑧ Aが配られたら迷わずヒット! 何度かご紹介していますが、Aは1にも11にもなりますのでカードを追加したところで絶対にバーストすることはありません。 よって、Aが手元に来た時点で必ずヒットするようにしましょう! ブラックジャック必勝法⑨ 伏せてあるカードは全て10と予測する ブラックジャックで勝つ上で予測をするというのは非常に大事なポイントとなります。 ディーラーの2枚目のカードは伏せてあるため、基本的にこの伏せてあるカードは10として予測しましょう。 ブラックジャックで10の役割を持つカードは「10 J  Q  K」の4枚となります。 ブラックジャックはジョーカーを除く52枚を1デッキとしていますので、10の役割を持つカードは16枚も存在することになります。 全てのカードの中の約30%が10ということになりますので、3回に1回は10を引くという確率になるのです。 ブラックジャックで遊べるオンラインカジノ ・ベラジョンカジノ 完全日本語対応でアプリのインストールが不要。 更に登録時に無料でもらえる入金不要ボーナスもあるので、登録してすぐにカジノゲームで遊ぶことができます。 ・カジ旅 日本語対大生のSNS機能でほかのプレイヤーと会話もできる新感覚のオンラインカジノ。 ・エンパイアカジノ 9種類のライブ会場があり、ライブディーラーの在籍数も多く、美人なディーラーも多い。…