スポーツブック/ブックメーカーとは?稼げるの?

スポーツブック/ブックメーカーとは スポーツブック(別名:ブックメーカー)とは、リアルなスポーツの試合勝敗を予想してベットするゲームとなっています。 スポーツブックは通常のカジノゲームのバカラ、ブラックジャックやルーレットとは違い、配当がほぼ全て異なっています。 ベッティング種類(賭け方)も沢山の種類があるので、予想が当たって勝った場合、貰える配当金が自分の賭け方によって変わってきます。  スポーツブックは、オッズを確認して予想するのが基本の賭け方です。 オッズというのは、配当と似ている意味で、プレイヤーの予想またはベットが当たった際何倍の配当が渡されるのかのことを意味しています。 オッズには他にも意味があり、知らないでプレイすると大きな損害が出てしまう可能性があります。 上記の説明だけではオッズ=配当と理解をされたと思います。 オッズの他の意味はある出来事の中で、特定の結果が起こりうる可能性または結果になる確率に対する逆数を表す数字として使われているのです。 簡単に言えばオッズ=起こりにくさです。  オッズの中でも、1種類のオッズだけでは無く、大きく3種類のオッズがスポーツブックには存在します。 ①デシマルオッズ(DECIMAL ODDS) デシマル=少数という意味で、日本でも最も一般的に使われるオッズです。 日本の競馬などでも使用されていて、オッズの中では一番分かりやすいかと思います。 上記の画像がデシマルオッズの例です。 上記の画像を例にすると、Real Esteli対Diriangenで、Real Esteliのオッズは1.53、Diriangenのオッズは8.00,引き分けは3.25のオッズが設定されています。 オッズ上、「勝つ確率が低いよ」というのはDiriangenですが、Diriangenにベットして、もし予想が的中すると、ベット額の8.00倍が配当として貰えます。 Real Esteliはオッズが1.53と低くなっていて、「勝つ確率が高いよ」と言われてる感じですが、もしReal Esteliにベットして、もし的中すれば貰える配当は1.53です。 ②アメリカンオッズ(AMERICAN ODDS) アメリカンオッズには、数字の前に【+】や【-】が付いていて、少し難しそうに見えますが、意外とシンプルです。  プラスが付いてる数字は単純にオッズが高いと意味し、マイナスが付いている数字はオッズが引くということだけです。 アメリカンオッズでは、デジマルオッズでいう2倍以下の数字にはマイナスが付き、2倍以上の数字にはプラスが付きます。 アメリカンオッズからデシマルオッズへの換算式はプラスとマイナスで異なり、マイナスだった場合は(100÷表示された数字)+1です。 上記のReal Esteli対Diriangenを例にすると、Real Esteliのオッズは-188なので、(100÷188)+1=オッズは1.53倍です。  Diriangenはプラスなので、換算式は(表示された数字÷100)+1になります。 +700なので、(700÷100)+1=デシマルオッズだと8.00倍です。 ③フラクショナルオッズ(FRACTIONAL ODDS) フラクショナルオッズは、オッズが分数で表示されている形式になり、主にイギリスで使用されているオッズの種類になっています。 フラクショナルオッズでは、分母をベットして予想が的中して当たれば、分子が配当でもらえるという仕組みです。  フラクショナルオッズからデジマルオッズへの換算式は(分子÷分母)+1となっています。 なので、上記のReal Esteli対Diriangenを例にすると、Real Esteliのオッズは8/15なので、オッズは1.53倍です。 Diriangenは7/1なので、デシマルオッズだと8.00です。 ここで、皆さんに覚えていてほしいのは、オッズで判断する賭け方はしないほうがいいということです。  賭ける際、オッズでは無く、実際自分が勝利すると持ったチーム、または選手にベットするのが一番です! スポーツブック/ブックメーカー賭け方の種類 スポーツブック/ブックメーカーには様々な賭け方がありますが、メインの賭け方は以下のとおりになっています。 【3 WAY BETTING】 スポーツブックで最もよく使われるベッティング方法です。 スリーウェイベッティングは、勝ち・負け・引き分けのいずれかにベットすることです。 【2 WAY BETTING】 引き分けのないゲームによく使用されるベッティング方法です。 トゥーウェイベッティングは勝ちか負けのどちらかにベットすることです。 【OVER/UNDER】…

スロット基本情報をまとめて紹介します |オンラインスロット

オンラインカジノのスロット/オンラインスロットとは オンラインカジノまたはカジノスロットは日本のパチンコスロットと同じだと思ってる方が多いと思います。 ですが、実際カジノのスロット/オンラインスロットとパチンコスロットには大きな違いがあります。 まず、パチンコは当たりやすさが設定により管理しているシステムがあるので、当たりやすい台や当たらない台などが存在します。 それとは逆で、カジノスロットにはRNG(Random Number Generator/ランダム ナンバー ジェネレーター)といい、乱数発生器による当たり判定になるので、どこの台が当たりやすいかなどは存在しません。 ソフトウェア会社が開発しているスロットの種類で当たりが沢山出るスロットなどは存在します。 また、パチンコのペイアウト率(還元率)は約80%で、オンラインカジノスロットのは約94~98%といわれています。 その他の大きな違いは、カジノスロットには「ジャックポット(JACKPOT)」と呼ばれる賞金があり、もし運良くジャックポットが当たれば数十万円の賞金ではなく、数憶円の賞金を貰える可能性があります。  パチンコでは長年遊んでいても、1日最高に勝てる金額は20万円以下だと思います。 オンラインカジノに登録されたばかりのプレイヤーや、入金不要のボーナスなどが与えられたりするので、貰ったボーナスを使って無料で遊ぶこともできます。  以上、カジノとパチンコのスロットの違いを解説させていただきました。 本当に大きな違いなので、まだオンラインカジノスロットで遊んだことな方には、ぜひお勧めいたします! オンラインカジノ・カジノスロットの種類|オンラインスロット オンラインカジノやランドカジノスロットには3つの種類があります。 スロットの種類によって、賭け方や配当が異なっています。 ①クラシックスロット(CLASSIC SLOT) クラシックスロットは、皆さんが「スロット」と聞いた時に浮かんでくるイメージのスロット種類だと思います。 クラシックスロットはシンプルにデザインされている昔ながらのスロットです。 クラシックスロットのリールは通常3つあります。  ②ビデオスロット(VIDEO SLOT) ビデオスロットはクラシックスロットと比べ、柄やキャラクターが多いスロットデザインになっています。 ビデオスロットの特徴として、人気映画はドラマのキャラクターデザインのスロットが多く用意されています。  ビデオスロットのリールが通常5つあり、ベット出来るラインのパターンは横、縦、斜めの1ライン柄が揃えば当たりというだけでは無く、様々なラインのパターンがあり、少し複雑ですが、その代わり当たる確率は高くなってくると思います。 あるオンラインカジノスロットゲームで9ラインのいずれかが揃えば配当が貰える仕組みになっております。 9ラインがあれば、20ライン揃えばよいスロットもあり、100ライン揃えばよいスロットも存在します。 【9ラインの例】 【20ラインの例】 【100ラインの例】 その他、【243 WAYS・243通り】や【1024 WAYS・1024通り】というペイラインのスロットも存在します。 243通りと1024通りのスロットでは、自分でペイラインを設定できます。 ↓243通りのスロット(3x3x3x3x3x=243) 243通りのペイライン全てに賭けることとなったら、当たる確率も高くなるので、プレイヤーにとっては利点だと思います。 また、1024通りも自分でペイラインを設定できるようになっていています。 合計1024通りのペイラインにベットすることが出来るため、当たる確率は242通り高くなります。 ↓1024通りのスロット(4x4x4x4x4=1024) 配当表は全てスロットの画面から確認する事が出来るので、遊ぶ前に確認されることをお勧めいたします! ③プログレッシブスロット(PROGRESSIVE SLOT) プログレッシブスロットとは、ジャックポットの機能が搭載されているスロットのことです。 ジャックポットと言えば、大当たりですよね。 プログレッシブスロットでは、基本MAXベットでプレイする必要があります。 というのも、プログレッシブスロットは、ジャックポットを当てる為の確率はベット額によるからです。 簡単に言えば、ジャックポットに当たる確率を出すには最低ベット額が決められているということです。 なので、もしMINIMUMベットが$5だとして、MAXベットは$25だとします。 ジャックポットを当てるMINIMUMベットが$25に設定されていた場合、$5をベット額として、1日中遊んでいてもジャックポットを当てる確率はゼロに近いということです。 まとめ 以上、スロット/オンラインスロットに関しての基本情報のまとめでした! オンラインカジノには豊富なソフトウェア会社がスロットゲームを開発して、オンラインカジノサイトに提供していますが、中でも【MICROGAMING】【NETENT】【PLAYTECH】【PLAY’N GO】などがオンラインカジノ業界を代表とするトップレベルのソフトウェア会社になりますので、是非上記ソフトウェア会社のスロットゲームで遊んでみてください!…

ルーレットのルール|オンラインルーレット

ルーレット/オンラインルーレットのルール ルーレット/オンラインルーレットはカジノの女王と呼ばれる、代表的なカジノゲームです。 もちろん、オンラインカジノにも欠かせないゲームの一つです。 ルーレットはどちらかというと、アメリカ、ヨーロッパ圏とアジア圏で人気度を比べると、圧倒的にヨーロッパ圏での方が大人気なカジノゲームになっています。  そんなルーレットはとてもシンプルなルールですが、ある意味奥深いゲームでもあります。 基本ルールは、ホイール(回転盤)と玉を使い、ディラーが回転しているホイールに玉を落とし、その玉がどこに入るかを予想して賭けるのが基本のルールとなっています。 ルーレット/オンラインルーレットの種類 ルーレットはアメリカンルーレット、フレンチルーレットとヨーロピアンルーレットの3種類ありますが、フレンチルーレットとヨーロピアンルーレットはほぼ同じルールなので、この記事ではフレンチルーレットとアメリカンルーレットの2種類を紹介していきたいと思います。 ①アメリカンルーレット(AMERICAN ROULETTE) アメリカンルーレットはインサイドレイアウトにに1~36までの数字があり、アウトサイドベットには0と00があり、合計38個の数字で成り立っているルーレットになります。 アメリカンルーレットは、どちらかというとラスベガスやマカオのカジノでよく使われるルーレットの種類になっています。アメリカンルーレットのハウスエッジはフレンチルーレットのハウスエッジより高い為、勝つ確率が低くなっています。 アメリカンルーレットの特殊ルールはサレンダー(SURRENDER)のアクションがあることです。 サレンダーとは、アウトサイドベットの2倍配当でベットして、0か00に玉が入った場合、ベット額の半分が戻ってくるという特殊ルールになっています、  ②フレンチルーレットまたはヨーロピアンルーレット(FRENCH ROULETTE/EUROPEAN ROULETTE) フレンチルーレットとアメリカンルーレットの大きな差は、0の数です。 アメリカンふーれっとには、0と00があり、合計38個の数字で成り立っているルーレットですが、フレンチルーレットは0の数が1つです。 インサイドレイアウトには1~36個の数字があり、アウトサイドレイアウトには0の数字が1個のため、37個の数字で成り立っているルーレットになっています。 アメリカンルーレットに比べると、フレンチルーレットは、数字が少ないため、ハウスエッジも低くなっています。  ハウスエッジが低いということは、勝つ確率が高いということです。 そのため、ルーレットで遊ぶプレイヤーにはアメリカンルーレットより、フレンチルーレットの方が人気だという評判です。 フレンチルーレットにも特殊ルールが存在しており、アンプリゾン(EN PRISON)とラパルタージ(LA PARTAGE)というルールです。 アンプリゾンとは、刑務所という意味で、1:1の配当の場所にチップをベットして、0に玉が入った場合、そのベット額は没収されないで、次のスピンまでそのまま残されるというルールです。  次のスピンで、ベットが当たれば掛け金は戻らされますが、もし次のスピンでも予想が当たらず負けてしまった場合、賭けていたチップは没収されます。 ラパルタージルールとは、1:1の配当の場所にチップをベットして、0に玉が入った場合、ベット額の半分が戻ってくるという特殊ルールです。 カジノによって、返ってくる金額が異なっているそうなので、遊ぶ前一度確認される事をお勧めいたします! ルーレット/オンラインルーレットの用語と賭け方 ♦インサイドベット(INSIDE BET) インサイドレイアウトの1~36の数字にベットすることです ♦ストレートアップ(STRAIGHT UP) 1つの数字だけに賭けることで、シングルナンバー(SINGLE NUMBER)ともいいます。 配当は通常ベット額の36倍です。 ♦スピリットベット(SPLIT BET) 2つの数字に賭けること。 予想する数字の間にチップを置くことで、2つの数字にベットすることができます。 配当は通常ベット額の18倍です。 ♦ストリートベット(STREET BET) 3つの数字に賭けること。 予想する数字の一番下にチップを置くことで、3つの数字にベットすることができます。 例:上記の画像では【4,5,6】【19,29,21】【28,29,30】の数字にベットしています。 配当は通常ベット額の12倍です。 ♦コーナーベット(CORNER BET) クォーターベット、スクエアベットとも呼ばれます。 コーナーべットは4つの数字にベットすることです。 予想する数字の真ん中にチップを置くことで、4つの数字にベットができます。 例:上記の画像ですと、【8,9,11,12】の数字にベットしています。…

バカラのルール|オンラインバカラ

バカラ/オンラインバカラのルール カジノの王様といえば、バカラ/オンラインバカラ(BACCARAT)です。 バカラの基本ルールはバンカーとプレイヤーのどちらのカード合計値が9に近くなるかを予想して賭けるゲームになっています。 バカラはカジノ・オンラインカジノ1番の運が勝敗をコントロールするゲームともいわれています。 バカラはアジアですごく大人気なテーブルゲームになっており、$5からベット出来るテーブルもあれば、高額をベットできるテーブルも用意されております。 VIPルームにも欠かせないテーブルゲームです。 バカラが大人気な理由ですが、まずベットして勝てば賭け金が2倍になり、1ゲームが終わるのに掛かる時間がわずか数十秒なため、進行が早いゲームだからです。 進行が早いゲームだからこそ、多くのビギナー、特にハイローラーに長年愛されているテーブルゲームなのです。 バカラの基本のゲームの流れとして、まずバンカーとプレイヤーどちらのハンドの合計値が9になるか予想をして、チップをベットします。 テーブルに座っているプレイヤー皆さんがベットを置いた後、ゲームがスタートしてカードがバンカーとプレイヤーに2枚づつくばれれます。 プレイヤーにベットしたなら、プレイヤーのカード合計値がバンカーのハンドより9に近かった場合、勝利が決まります。  通常配られるカードは2枚ですが、場合によっては3枚目のカードが配られる時もあります。 バカラ/オンラインバカラカードの数え方 バカラ/オンラインバカラにはブラックジャックなど同様でカードの数え方が存在します。 カードの数え方といっても、とてもシンプルなのですぐに覚えることができますよ。 是非以下の数え方を参考にしてください。 【A(エース)は1と数える】 【2~9までは普通に数える】 【10/J/Q/Kは10と数える】 ※注意点※ 合計値が2桁になると、カウントされるの下一桁のみ。 例: 【10+5=15なので、カウントされるのは5になる】 【10+10=20なので、カウントされるのは0になる】 バカラ/オンラインバカラの用語 ♦バカラ(BACCARAT) イタリア語で数字の0という意味で「破産」という意味でもある ♦アクション(ACTION) バカラだけではなく、他のテーブルゲームでも使われる用語で、プレイヤーがとる行動のこと (ベット、スタンドなど) ♦バンカー(BANKER) 賭け先 ♦プレイヤー(PLAYER) 賭け先 ♦タイまたはプッシュ(TIE・PUSH) 引き分け(バンカーとプレイヤーのカード合計値が同じになった場合) ♦ナチュラル(NATURAL) 最初に配られた2枚のカード合計値が9になること(ナチュラル・ウィンともいわれる) ♦ピクチャー(PICTURE) 絵柄のカードのこと(J/Q/K) ♦ヒット(HIT) カードを追加で1枚引くこと ♦スタンド(STAND) 追加カードを引かないで、そのまま勝負すること ♦ペア(PAIR) 同じカードが2枚になること(例:9&9/2&2/A&Aなど) ♦サイドベット(SIDE BET) バンカー、プレイヤータイ以外にベットすること(例:ペア、ビッグ・スモール) ♦プレイヤーペア(PLAYER PAIR) プレイヤーのカードがペアカードになること ♦バンカーペア(BANKER PAIR) バンカーのカードがペアカードになること…

ブラックジャックのルール|オンラインブラックジャック

ブラックジャック/オンラインブラックジャック基本ルール ブラックジャック/オンラインブラックジャックは21(Twenty-One)とも呼ばれ、プレイヤーVSディーラーで遊ぶテーブルゲーム(カードゲーム)となっています。  ゲーム内容はプレイヤーとディラーどちらのカード合計値が21に近くなるか予想してベットします。  カード合計値が21に近いほうが勝ちです。逆に21を超えてしまうと、自動的負けになります。 最初の2枚配られた時点でカードn合計値が21になれば、勝利です。 基本ルールとして、ディーラーはカードの合計値が17になるまで、カードを強制的に引く必要がありますが、プレイヤーは21を超えなければ何枚でもカードを追加で引けるルールになっています。 勝利がどのように決定するか、以下まとめたものになります。 内容 勝利 ディーラーのカード合計値が21を超えた場合 プレイヤー プレイヤーのカード合計値が21になった場合 プレイヤー ディーラーのカード合計値が21になった場合 ディーラー ディーラーのカード合計値がプレイヤーより21に近い場合 ディーラー プレイヤーのカード合計値がディーラーより21に近い場合 プレイヤー プレイヤーとディーラーのカード合計値が同じだった場合 引き分け ブラックジャックの配当金は、遊んでいるブラックジャックの種類などによって異なってきますが、基本21(ブラックジャック)になった場合もらえる配当金は掛け金の2.5倍になっています。 21に近いカード合計値でディーラーに勝った場合の配当金は掛け金の2倍になっています。 ブラックジャックはこの基本ルールがとてもシンプルになっているので、オンラインカジノビギナーの方でもすぐに楽しめるゲームの一つです。 オンラインカジノビギナーだけでは無く、お金の流れやゲームがスピーディーな為、高額なベットをするハイローラーにもとても人気なゲームになっています。 オンラインカジノのライブゲームではブラックジャックVIP専用のテーブルが用意されているのがほぼあり、オンラインカジノには欠かせないゲームの種類となっています。 ブラックジャック/オンラインブラックジャックカードの数え方 ブラックジャックにはカードの数え方があります。 以下分かりやすいように数え方を紹介していきます。 2~10は普通にカウントします Aは1または11とカウントします。 1・11としてカウントするかは自分が有利になる方を使えます 絵柄(J/Q/K)は全て10としてカウントします ブラックジャック/オンラインブラックジャック(21)になるのは、以下の画像のようにAと絵柄のカードが配られた時のみになります。 ブラックジャック/オンラインブラックジャック用語 ✅ディール(DEAL) ディーラーがカードを配ってゲームを開始すること ✅ヒット(HIT) カードを追加で1枚引くこと ✅スタンド(STAND) カードを引かずに勝負すること ✅バスト(BUST) ディーラーまたはプレイヤーのカード合計値が21を超えた状況のこと バストが出た場合、相手の手札がどのような点数でも負けとなり次のゲームに進むことになる ✅オープンカード(Open Card) 表向きに配られ、カードの数値が公開されているカードのこと ✅ダブルダウン(Double Down) 賭け金を倍増にして、カードを1枚追加で引いて勝負すること ✅スプリット(SPLIT) 同じ数字のカードが2枚配られた際に、ベットした金額と同額を賭けて、手札を2つに分けること  ✅サレンダー(SURRENDER) 最初に配られた2枚のカード合計値を見て、ディラーの手札に敵わないと判断した際にサレンダーをすると、掛け金の半分が返還される ✅インシュアランス(INSURANCE) ディーラーの手札1枚目のカードがA(エース*1・11)だった場合に、賭け金の半分を保険として差し出す特殊ルールのこと…